ひらかわ美術館
開館日は日曜日のみ 開館時間は10時から16時
入館料は高校生以上500円
住所:鹿児島市常盤町1-26-1
TEL:090-5487-6540
主な展示品は大野藤三郎画伯の日本画です

現在、日曜日だけ開館しているひらかわ美術館です。
対岸と土手
池が家ぎりぎりまで近付いています。 既存の長石と同じ石で護岸を造り直しました。
既存の長石と繋がりに気をつけました。
荒れた家屋のように見えました。 生まれ変わった、佇まいです。

各パートごとのリフォーム
蔓に覆われて灯篭と水鉢があります。 蔓をとり、石組をやり直します。
なつめ手水鉢があり、石組の跡があります。 石組み跡を参考にしながら、組み直します。
燈篭が傾き、石が半分埋まっていました。 灯篭の傾きを修整し、周囲の石を掘り出しました。
遠景の山と庭全体がつながりに欠けるように感じました。 土留を石に替え小山を造り,山との繋がりをだします。

石橋が架かっています。 石橋の周囲を掘り出してみますと、石の階段や石組が出てきたので、修復します。
池が広すぎて、流れがなく藻が茂っています。 石で護岸を造り、水の流れを作ります。
対岸の地形がはっきりしません。 石橋の周囲を掘り出したり、新たに石を加え灯篭を配し、めりはりをつけます。

玄関まわり
玄関には、たぶんここから出入り? 玄関ポーチと同じようなデザインで延段(ノベダン)を造り、出入り口にします。
玄関の補助的出入り口? 台杉で挟まれ、通常は出入りできないように竹閂で、区切ります。また、近くにあった常夜灯を移動しました。
玄関に立つと常夜灯が見えます。 玄関に立ち入口を振り返ると台杉と二股の燈籠が見えます。

全景
高木・中木・低木が茂りすぎています。 高木は2〜3年後に隣の家を隠すように剪定します。中木・低木は、石組や燈篭が見えるように切り詰めます。
縁側に座ると池が見えません。 縁側や客間から池が見渡せるように、庭全体の表土を剥ぎ取り、地面を低くします。

ことぶき造園設計トップへ戻る