豪壮な流れではなく、小川のような流れで泰然と流れる大河のような曲線の河。また航海中のよるに見る天の川や、日本の着物の帯のような同じ幅の河をイメージしました。
工芸美術に主題として出てくる八橋(短い橋が不規則に繋がる日本的な橋)を流れの上に架けます。