手水鉢は桜島の溶岩で造ります。設計当所は、直線的なレンガ壁からの落とし水でしたが、水鉢(水のゆりかご)の姿に合わせて円弧の壁にしました。